No,1キャバ嬢のテクニック

私がキャバクラで働く理由

キャバクラで働く理由って、人によって違うと思うんですが、私はキャバ嬢に憧れてこの世界に入りました。

なんでキャバ嬢に憧れていたのかというと、女でも自分の力でナンバーワンになれるところです。

普通の会社って、やっぱり男社会じゃないですか。

だから、女が一番になるのは難しいと思うんです。

でも、キャバクラは女の世界です。

だから、女の私でもナンバーワンになれると思って、キャバ嬢になりました。

キャバ嬢になってから、最初に覚えたことは持ち物です。

キャバクラって接客業だから、持ち物がいっぱいあるんです。

お客さんのグラスを拭くハンカチや火を付けるライターとかも、自分のものだし、香水だって必要です。

他にもメモを取ったり、渡したりするためにメモ帳やペンも欠かせない持ち物です。

さらに、こういう物を使うテクニックだって大事です。

お客さんに喜んでもらえるプレゼントとか使って指名をとっていかないと、キャバクラでナンバーワンになることは難しいです。

だから、私は私なりのテクニックを磨いています。

あとは、アゲ嬢から良いところを学んで、自分に取り入れています。

アゲ嬢のメイクや髪型って、仕事に使えるんです。だから、いつかナンバーワンになるために、アゲ嬢のことをよく観察しています。